タグ: デザイナー

恵まれた出会い、ご縁~僕の履歴書4

「学生ビザが切れるタイミングで、『アメリカで活動を続けるより、日本で一からがんばって、またアメリカに戻って来られるように』と思いました」 留学を終え、日本への帰国を決意した理由は何だったのかと質問する...

決めるときは、決める

LAでお世話になったKim Rees。彼の一言で、とても印象的だったものがあります。 Wendy’sの撮影で、額縁のなかに飾るためのグラフィックを制作したときのこと。事前にKimと相談し、...

美術デザイナーになるために 〜 僕の履歴書 1

ナラの樹代表今井伴也の半生を振り返る「美術デザイナーになるために~僕の履歴書」。 今井がどのような経験を経て美術デザイナーになったか、また今井の歩んできた道中にあったエピソードをお伝えすることで、現在...

巨匠デザイナーに学ぶコミュニケーション術

僕が他のデザイナーと仕事をする時に注目するのは、監督とのコミュニケーション方法です。どんな単語を使い、どんな話し方で、どう相槌を打ち、仕事を進めていくのか。映画におけるプロダクションデザインでも書いた...

デザイナーとして撮影に立ち会う理由

前回の記事で書いたように、撮影に立ち会うデザイナーは多くはないようですが、僕はなるべく現場に行くようにしています。と言っても、実際に装飾をしたり小道具を動かしたりというより、モニター前にかじりついて業...

映画におけるプロダクションデザイン

映像作品におけるデザイナーや美術と聞いて、皆さんはどういったイメージを持っているでしょうか。小道具やセットを作っているという印象でしょうか。 今回は、映画におけるプロダクションデザインの役割について書...

KK Barrettとの出会い(2)

KK Barrettとの出会い(1)はこちら UNIQLOの撮影で初めて一緒に仕事をしたKK。仕事、デザイン、美術について、たくさんの話をすることができた。 その中でKKが言った一言は、とても印象に残...