カテゴリー: LAのこと

アートディレクションのデジタル化と、その限界

デジタル化のメリットとデメリット LAに来てからというもの、CGを使う機会が格段に増えました。手書きの味が好きというデザイナーが大多数ではあるのですが、いざクライアントに提出するときには3DCGになり...

Kim Reesとの出会い

以前、380通くらいの営業メールを出し、結果的に仕事につながったのは一人だけだと書きました。(営業メール380通。会えたのは、たった一人。)名前はKim Rees。 初めて会ったのは、ハリウッドの大道...

mandy.comに関して

mandy.comは、映像業界の求人情報サイトです。僕が2002年くらいにLAで活動していた当時から盛んに利用されていました。特にインデペンデント系、超低予算企画が多く、最も多いのが学生映画。驚くほど...

ハリウッドにおけるユニオンの重要性

営業メールの反応は良くないままでしたが、立ち止まっているわけにはいきません。そこでさらに営業メールを追加。今回はProduction Designerで検索し、HPを公開しているデザイナーに直接送るこ...

日系プロダクションのプロデューサーとの会話

ロサンゼルスにきて、3週間。大量の営業メールへの反応も虚しく、関わったのはAFIの学生映画のみ。僕は、悶々とした日々を送っていました。 そこで僕は、日系のプロダクションにコンタクトをとってみることに。...

ハリウッドの撮影スタイル

今回LAに来てから初めての撮影は、AFIの学生映画でした。 こっちで現場に立つという感覚を思い出せて、とても良い経験だったと思います。自分が日本で培った経験や技術をきちんと表現できれば、評価が得られる...

AFIの学生映画

営業メールが空振りに終わっていたため、初めて渡米したときに立ち返って再スタートしようと決意。mandy.comで仕事を探し始めました。そこでAFI(American Film Institute)の学...

「コンスタンティン」 仕事③歯車の話

このセットの肝の部分でもある歯車の話をしたいと思います。じつはこれには隠された秘密があるのです。 その前にまずこれがどのような経緯でできていったかを話したいと思います。 まずこの歯車はデイヴのお気に入...