Allstate “Oversharing” CMキャンペーン

アメリカの保険会社、AllstateのCM企画に参加しました。現在の「泥棒」の78%は空き巣に入る前に、FacebookやTwitterでその家の住人が外出していることを確認するらしい。家族の写真を添えて「○○に来ています」なんてコメントをアップするのは、「自分の家は留守ですよ!」とわざわざ伝えているようなものだということで、その啓発キャンペーンCMです。

 

 

CMのプランは、ある夫婦に仕掛けたこんなドッキリ。

毎年1月1日に行われるアメリカンフットボールの決勝戦に抽選で選ばれた夫婦を招待。

案の定、「スタジアムなう」とSNSで発信した夫婦の家に侵入して、家具や生活用品など全てをメチャクチャに荒らし、その場でネットに売り出してしまう。

この日の試合はアメリカの多くの国民がテレビ見ているので、CMを見た人がウェブサイトにアクセスし、夫婦の家財道具を実際に購入。

買った人はみんなTwitterで「あんたの家のテレビ買ったよ!」などと呟き、試合終了時には車まで売られてすっからかん。

その様子はスタジアムのスクリーンに映し出され、それを見たターゲット夫婦は愕然!というオチ。

もちろんこれはドッキリ。ターゲットの夫婦はシカゴに住んでいますが、実際の撮影はLAに夫婦の家のレプリカを建てて行いました。家具や小物、車も、全て同じものを用意し、夫婦がカスタマイズしたものや世界に1つしかないコレクションものの商品でも、全部同じものを作りました。売りに出されたのは、このレプリカの家の家財道具です。

ターゲットの夫婦の家に行く

まず撮影前に、ターゲット夫婦の家にロケハンに行きました。リサーチのためのインタビューと称したロケハンです。監督は一般人にも顔が知られているため車で待機し、それ以外のクルーがリサーチ会社の職員という設定で家に上がり込みます。(ちなみに監督は、あのジャッカスシリーズのジェフ・トレメイン。ジャッカスを考えた人なんで、絶対に超変人でクレイジーな人だろうと想像していましたが、彼はとても真面目で親切、フレンドリーで控えめな人でした。こんなまともな人が、何故あんなにもバカみたいな映画を作れるのかと不思議に思うほどに。)

リビングで夫婦のインタビューを撮影している間に、僕らは忍び足になりながら2階やガレージの写真を撮ったり、採寸したりしました。カスタムメイドのソファや貰い物の食器棚などは、完全にゼロから作る必要があるものも沢山あったため、インタビューではさり気無く「これはどこで買ったの?」「これは何かカスタマイズしたの?」などを聞き出したりしました。与えられた時間は1時間という短さ。しかし音も立てずにロケハンするのは初めてで、スリリングで、面白い経験でした。

インタビュアーが「じゃあ2階の部屋も見せてよ」と言ったのを合図に、僕らは1階の部屋に移動。キッチンのカウンター、シンク、蛇口、キャビネット、ドア、手すり、窓など、全パーツがどんなものかを記録しました。壁にかかってる絵や写真は高解像度で撮影。本人たちの思い出写真も全部複製するのです。

LAに帰って同じ家を建てる

001LAに戻り、急いで家の製図を始めました。月曜の晩に帰ってきて、水曜の朝にはジェフとの打ち合わせがあったので、実質1日で図面とCGに落とし込む必要がありました。水曜日に打ち合わせをしたら撮影のために多少セットを修正して、木曜日には材料を発注。金曜日にはパネルを工場で建てはじめないと、翌週のスタジオでの建て込みに間に合わないのです。

このあたりのスピード感に、ハリウッドの無茶さを感じますね。こんなスケジュールでも、土日は誰も働きません。金曜日の晩に、「じゃ、みんな良い週末を~」といって別れたら、今までのドタバタは何だったんだ!と言いたくなるくらい土日は何も起こりません。また月曜日になれば、朝の7時からフルスロットルで仕事を再開するのです。

モデリングから図面までRhinoで完結

今回の図面は、全部Rhinoで描きました。とにかく急いでいたため、3D作ってそのまま図面というワークフローで進めるしかない!と焦って決めたのですが、後になって考えると2D図面はAutoCADで描いた方が早かったのではないかとも思いました。細かいパーツの図面や詳細を描き込んでいけばいくほど、3D空間であることが不便になってくるのです。パネルのサイズ表を作るために3D空間に平面パネルを並べだした時、なんで3Dでやってるんだろう……と自問自答してしまいました。

しかし窓枠など多くのパーツはCNCに出す必要があり、その部分はRhinoで作ってた分、データ出力がワンクリックで出来たのはラクでした。

Livingroom1024.3dmLayout1027_ページ_02

Layout1027_ページ_09

セットデザイナーの仕事はここまで

僕は撮影自体には参加していません。実際にパネルやパーツを作っている大道具さんの倉庫で打ち合わせなどはしましたが、スタジオでの建て込み、撮影には行きませんでした。実際、撮影現場に僕が行ってもできることは少なく、現場は現場のエキスパートに任せておくのが早いので。このあたりも、ハリウッドシステムを感じさせられますね。

とにもかくにも、今回の作業はとても面白かったし、リアルなアメリカの家のデザイン、建て方、飾り方など、とても勉強になる企画でもありました。


あわせて読みたい